中国の旅行をもっとお得に!

ホーム >> 中国列車

中国列車予約

中国列車チケット検索・予約

乗車駅
入れ替え 降車駅
乗車日

ご予約の流れ

   

  • 1.乗車駅と降車駅、乗車日を選び検索
  • 2.ご希望の列車と座席種類を選択
  • 3.搭乗者の情報を入力して仮押さえ
  • 4.クレジットカード(ご利用可能なカード:VISA、MasterCard、JCB、American Express)またはWechat、アリペイを使って切符代金を支払う
  • 5.弊社より発券電子番号と手配確認書(日本語、詳しい乗車案内があります)をメールで送付
  • 6.駅の窓口で発券電子番号とパスポートを提示して紙のチケット受け取り

紙チケットの受け取り方法

   

窓口で受け取りの方法は以下の通りです。

窓口は中国語で「售票处」と言います。そこで予約番号とパスポートを見せると、すぐにチケットが発券されます。
窓口案内  窓口
※ ご出発日の5日前にご予約される場合は、郵便で送ることが可能です。

高速鉄道に乗るまでの流れ

  1. ①身分証検査場で身分証とチケット確認
    ※チケットとパスポートを手に持ってください。
  2. ②手荷物検査
  3. ③待合室
  4. ④改札
    ※改札は20分ほど前に開き、5分前には閉じられます。駆け込み乗車はできません。出発時刻の30分前には待合室に着いておくと良いです。改札の番号はチケットにも記されています。または待合室の大きな電光掲示板で確認できます。
    チケット  待合室  改札口
  5. ⑤乗車
    ※駅のホームに降りて行きます。車両番号が各車両の横に振られていますので、見つけやすいです。
    ホーム案内  車両番号

 

中国列車と座席の種類

   

中国の鉄道には以下の列車がありそれぞれ特徴を持っています。

G列車:列車番号の頭にGが表記されており、Gは高速動車組の高速(gāosù)を意味する。

C列車:列車番号の頭にCが表記されており、Cは都市間高速鉄道を意味する城際動車組の城際(chéngjì)の略。

D列車:列車番号の頭にDが表記されており、Dは動車組(动车组の略。Dは動車組の拼音表記「dòngchēzǔ 」の頭文字である。

Z列車:列車番号の頭にZが表記されており、Zは直達特快(直达特快)の略。Zは直達の拼音表記「zhídá」の頭文字である。

T列車:列車番号の頭にTが表記されており、Tは特快の略。Tは特快の拼音表記「tèkuài」の頭文字である。

K列車:列車番号の頭にKが表記されており、Kは快速旅客列車(快速旅客列车)の略。Kは快速の拼音表記「kuàisù」の頭文字である。

普通旅客快車:列車番号(车次)が4桁の数字のみの列車で1000番台から5000番台の列車。普通旅客快車を略して「普快」と呼ばれている。

普通旅客慢車:列車番号(车次)が4桁の数字のみの列車で6000番台から7000番台の列車。普通旅客慢車を略して「普客」と呼ばれている。

L列車:列車番号の頭にLが表記されており、Lは臨時旅客列車(临时旅客列车)の略。Lは臨時の拼音表記「línshí」の頭文字である。


座席の種類には大きく分けて以下の種類があります。

硬座:英語でHard seatと表記されるが、文字通り座席が固く、体力的にも精神的にもハードである。最も安い座席。基本はボックス席。

軟座(软座):座り心地は良い。通常は昼間運行される路線に限定される。比較的裕福な人たちが利用。日本のグリーン車に相当する。

二等席(二等座):G列車、D列車やC列車に採用されている座席。日本の新幹線のグリーン席に相当。

一等席(一等座):G列車、D列車やC列車に採用されている座席。日本の新幹線のグリーン席に相当。

特等席(特等座):G列車、D列車やC列車に採用されている座席。一番後ろの車両にあり、一等席よりグレードの高いVIP席です。

ビジネス席(商務座):G列車に採用されている座席。中国高速鉄道の最上位座席である。

硬臥:3段ベットになっている。仕切りやカーテンはない。日本のB寝台に相当する。

軟臥(软卧):2段ベットが2つの定員4人のコンパートメント。料金は硬臥の約2倍。日本のA寝台に相当する。

  • 硬座 硬座
  • 軟座 軟座
  • 硬臥 硬臥
  • 軟臥 軟臥
  • 二等席 二等席
  • 一等席 一等席
  • 特等席 特等席
  • ビジネス席 ビジネス席

ホテル
国内線
国際線
都市を選択
都市を選択
日付を選択
ご予約の流れ
紙チケットの受け取り方法
中国列車と座席の種類
閉じる
都市を選択